痛風にかかってしまった体験談

私は40代男性ですが、痛風にかかってしまいました。

痛風って?と思う方もいるでしょうが、中年以上の男性がよくかかる病気の一つです。

女性は女性ホルモンの作用のおかげでなりにくいらしいのですが、生理が止まった更年期からはなるらしいので、他人事と油断しないことが重要です。

では痛風の症状ですが、関節の節々が痛むんです。

私は足の親指の付け根から痛みました。

私自身中年ですし、痛風の友人がいたので、ああ、自分も痛風になったかと急いで病院にいきました。

病院に行くと痛み止めの薬と尿酸値を下げる薬をくれました。

痛みは薬でなんとかマシになりましたが、痛風の原因となった尿酸はなかなか下がらず、一ヶ月以上は苦しんだと思います。

痛風って生活習慣が原因でもありますが、遺伝的要素が強いようです。

自分より痛風にかかりそうなものを食べまくってる人がなからなかったりするのはこのせいです。

遺伝はどうしようもないですが、生活習慣の改善で症状を改善させることができるということで、生まれの不幸を呪うしかありません。

お酒の飲みすぎじゃ?って思う人もいると思いますが、私はお酒をまったく飲みません。

食べすぎじゃ?デブってるんでしょう?と思う人もいると思いますが、私は身長176cm体重65kg、40代男性という年齢層で考えるとかなり節制してるほうだと思いますし、お酒を飲まず、そのスタイルでも痛風にかかるの?って驚いた方が大半なんじゃないでしょうか?

これが遺伝というものの恐ろしさです。

生活習慣の改善をするしか改善しないということなので、私のしたのは、まずは病院で処方される薬をきちんと飲むことです。

次に大豆食品、特に豆乳を毎日飲むようにしました。

大豆食品は血液をアルカリ性に持っていく効果があり尿酸値減少に効果があるんです。

そして、豆乳に多くカリウムが利尿効果を促進してくれます。

それっていいの?って思う人もいるでしょうが、尿酸値を下げるのに一番いいのは、水分を多くとって、ドンドン尿を出してあげることなんです。

尿酸が上がるのは遺伝でどうしようもないですが、飲んで出すことによって尿酸の密度を下げてあげるんです。

幸い豆乳は液状なので体内への吸収率も高く、それ自体が水分なので利尿効果も高いので、痛風に悩んでる人にはとてもお勧めです。

症状が治まるまで私は一ヶ月以上かかりました。

現在痛みは再発してませんが、油断するとすぐ再発する、それが痛風なので、油断しないことが大切です。

コメント